原音の再生

こんばんは

引き続き業務連絡、プジョーにお乗りの山田君、至急お電話ください!

出演依頼です!




さて、今日は、我々音響に携わる人間の永遠のテーマ「原音再生」に付いて少々お話を。

解らない方にとっては何じゃそれ??的な言葉でしょうが、オーケストラ等でマイクやPAを通さず生の状態の事を原音と言います。


いきなり結論から言うと、マイクやPAを通した時点で「原音再生」は不可能です!


マイクで拾ってもそのマイクの特性がありますし、ミキサーを通した時点でも個々の特性が出るので結果的に生で聴かない限り原音では有りません。

レコーディングされたCD等も然りです。

音を録音し、ミキサー等でイコライジングしますし、機材を通せば通す程音は変わって行きます。
これは仕方の無い事ですし、仮に録った音そのままCDにするとモコモコしてて非常に聞き取りにくいです。

その事を理解してください。

ですから、よくスピーカー等のフレコミで「原音を忠実に再現します!」などと言いますが、そんな事はあり得ません!

不可能です。

プロの音にはなりますが、原音ではない事を覚えておいてください。




以上、身も蓋もない事を言いましたが、これが現実です。






伊藤のワンポイントPA講座でした。



伊藤